ソフトバンク ホワイトプラン

ホワイトプランとはソフトバンク携帯電話同士の音声通話定額プランです。ただし時間制限があり、通話料が無料になるのは1時から21時までのソフトバンク携帯電話への通話に限られます。ホワイトプランは通話トラフィックの集中する21時〜翌1時と、ソフトバンク携帯電話以外への通話は30秒21円(税込)で課金されます。基本使用料は980円です。

ホワイトプランはソフトバンク同士のメールの送受信が終日無料、他社からのメールは128字以内は無料、それ以上でも全文受信しない限り受信無料です。ただし、ウェブやソフトバンク携帯電話以外へのS!メール利用には、「S!ベーシックパック」への加入が必要となります。

ゴールドプランにおける一連の問題への反省を踏まえて、新スーパーボーナス必須などの付帯条件はホワイトプランには一切ありません。
また、契約継続期間による割引もない。
3Gで別料金プランからの変更の場合、デュアルパケット定額・パケット定額ライト・パケット定額を契約している場合、自動的にパケットし放題に変更になるので注意が必要です。
posted by ホワイトプラン at 00:00 | ホワイトプランって知ってる

ホワイトプランと新スーパーボーナス

ホワイトプランと新スーパーボーナスを併用する場合、新スーパーボーナス特別割引の割引の対象は毎月の割賦払金額そのものではなく、携帯利用料金であるため、端末代金も含めたの総支払い額の下限は割引前の割賦金になることに注意が必要なんです。

なお2007年1月19日に新スーパーボーナスの割賦金が改訂され、24回払の場合、一部端末ではホワイトプランの基本使用料(980円)以下となりました。

ソフトバンクモバイルの発表によると、ホワイトプラン開始後10日間で50万件、3週間(2007年2月5日)で100万件の申込みがあり、2007年5月3日時点で400万件を突破したとのこと。

孫社長は、ホワイトプランの登場で同社の料金プランの選択肢が広がっただけでなく、端末購入時にスーパーボーナスを利用した割賦販売を選択できることから、買い方や料金プランについて他社にはない幅を持たせることができたといっています。

これまでにない安さの基本料金に、自分に合わせたオプションを追加できるため、大半のユーザーニーズを吸収できるという考えのようです。ホワイトプランでは、これまでのゴールドプラン同様、月に数十万ユーザーの獲得を目指すということだそうです。
posted by ホワイトプラン at 00:00 | ホワイトプランって知ってる

ホワイトプラン 6ヵ月契約

他のプランで契約解除料がかかる割引サービス(ハッピーボーナス、年間割引など)に加入している者が、ホワイトプランに変更する場合に申し込める契約です。

ホワイトプランに変更後6ヵ月間の継続利用により、それまでの割引サービスの契約解除料が免除となります。ただし、6ヵ月以内に解約した場合、契約の解除をした場合は5,250円(税込)の契約解除料がかかるのです。オンライン(My SoftBank)で変更すると、ハッピーボーナス・年間契約などは6ヶ月契約に自動移行となります。

現在、ハッピーボーナスや年間割引などの、1年もしくは2年単位でご契約いただく割引サービスにご加入のお客さまには、ホワイトプランへ変更する際に、変更後6ヶ月間のご利用をお約束いただくことで、ハッピーボーナスや年間割引の途中解除料を免除しております。

この制度を、ホワイトプラン適用月から6ヶ月間のご契約となることから、「6ヵ月契約」と呼びます。

6ヵ月契約は、お客さまによるお申込みが必要になりますので、プラン変更の際にスタッフにその旨をお伝え下さい。

6ヵ月契約にご加入後、6ヵ月以内に解約もしくはプラン解除をされた場合には、契約解除料 5,250円 が必要になります。また、6ヵ月契約に加入されない場合は、ハッピーボーナス等の通常解除料が発生しますので、ご注意下さい。(割引サービス更新月の場合を除く)
posted by ホワイトプラン at 20:49 | ホワイトプランって知ってる

新スーパーボーナス

ホワイトプランは待ち受け用に最適
ホワイトプランはメールに関しては、ソフトバンク同士のSMSやMMSは無料になりますが、Eメールや他社宛のメールは有料になります。また、MMSやウェブを利用する際は、別途S!ベーシックパック(月額315円)が必要になります。

ホワイトプランは、携帯電話をほとんど使わない人、かかってくることは多いがほとんど発信しない人、昼間にソフトバンク携帯電話同士しか話さない人等には、最適といえます。

全く発信しない、もしくは、無料通話しかしないのであれば、月980円で携帯電話を利用することも可能です(メールやウェブを使わない場合)。

料金プランとしてのホワイトプランには、通話料に関して以外は、特にデメリットはありませんが、新規加入や機種変更で携帯電話機を購入してホワイトプランに加入する場合には、注意が必要です。

「0円」表示がならぶソフトバンクの携帯電話ですが、これはあくまでホワイトプランと併用可能サービス「新スーパーボーナス」という割賦販売で購入した場合の頭金。基本的には毎月分割払いで一定金額を購入代金として支払うというローン契約です。
posted by ホワイトプラン at 20:47 | ホワイトプランと併用可能サービス

新スーパーボーナス特別割引

ホワイトプランと併用可能サービス、新スーパーボーナスには解約金や契約期間などの“縛り”がない代わりに、割賦契約という“縛り”があります。割賦金が全額支払われるまでに解約した場合、残金を一括支払いしないといけないのです。これは通常のローンと同様なので特に問題ありません。

分割で支払っても、途中で残金一括で支払っても、総支払額は変わらないのならばどちらでもいいじゃないかと思われるかもしれませんが、24回分割払いにした方がお得になる「新スーパーボーナス特別割引」というのがあるのです。

ホワイトプランと併用可能サービス、新スーパーボーナス特別割引というのは、購入した機種に応じて、一定の金額を24回にわたり毎月割引するというものです。

表向き、割引対象は基本料金や通話料となっていますが、割引金額が割賦金とほぼ同額のため、実質的に、使い続ければソフトバンクが割賦金を肩代わりし、結果的に端末価格が格安になるという仕掛けです。

posted by ホワイトプラン at 20:44 | ホワイトプランと併用可能サービス

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。